運営法人:ウェルフェア社会保険労務士法人

無料相談受付中 平日8:00~20:00

代表高橋のイクボス(?)奮戦記③

いつもお読みいただき誠に有難うございます。

代表の高橋です。

 

前回の話の続きですが、うちの子がまったくクツを履かないでどうしたもんかなーと思っていたのですが、業務でバタバタしてブログが書けない間に、なんとクツを履くようになってくれました!

 

前回ブログを書いてからしばらくの間は相変わらずだったのですが、ある平日、私も妻も仕事で、いつもお世話になっているベビーシッターさんに久しぶりに娘をお願いした日のこと。

私が仕事から帰ってきますと・・・・。

 

シッターさん(以下「S」)「あ、おかえりなさーい」

 

私「有難うございましたー」

 

S「今日は晴れていたのでお散歩に行ってきたんですよー」

 

私「そうですかー、有難うございます(クツはかないから大変だったろうなー)」

 

S「お散歩好きなんですねー。おクツ履いてとことこ歩いてましたよー」

 

私「そうですねー。お散歩は好きなんですよー」

 

・・・・・

 

・・・・・ん?(´・ω・`)

 

私「あのー、クツ・・・って・・・?」

 

S「え?あそこの玄関に置いてあるクツですよー」

 

私「靴下・・ではなく?クツ・・・?ですか????」

 

S「(怪訝な顔で)あ、はい、そうですが?あのクツじゃなかったですかね?」

 

私「あ、いえ、そういうわけでは、ないのですが・・・(遠い目)」

 

・・・というわけで、親があれほど履かせようと試行錯誤したクツが、シッターさんのお陰ですんなりとデビューを果たすことができました・・・。

いやはや、さすがプロというべきか。

 

その後は今までのはなんだったのかというくらいクツ好きになり、外に行くとなると「くっくー、くっくー」と催促するようになりました。

ともあれ一安心・・・・。

 

「キッカケ」とはこういうもので、子育ては焦ってはいけないのだなーと改めて感じました。

代表高橋のイクボス(?)奮戦記②

いつもお読みいただき誠に有難うございます。

代表の高橋です。

最近では保育園登園前の準備(エプロンやおむつ、着替え等の準備)もようやく板についてまいりました。

 

さて、前回もお話しましたとおり、私には1歳半の(愛)娘がおります。

1歳をすぎてもハイハイでの移動が好きでなかなか歩かなかった娘ですが、最近はトコトコトコトコと、すっかり歩いて移動ができるようになりました。

 

保育園では毎日のように公園に連れて行ってもらっているようなので、そろそろ父娘でも外を散歩したいなーと思っていたのですが、休日になかなか公園などに行く機会がなく、もやもやとしながら機を伺っておりましたが、先日ついに父娘公園デビューを致しました!

最近はよく言葉を発するようになりまして、

「わんわん(犬。生物的な犬のみならず置物でも可)」

「あっぱ(葉っぱ。又は花など植物の総称)」

「ぶーぶー(車。本人基準で反応する車としない車がある)」

「とっと(鳥類の総称)」

など、道中いろいろなものを見つけてはおしゃべりする娘をお散歩カーに乗せて公園まで行き、着いたところでさあ解放!

 

そして一番最初に娘が注目したものは・・・・。アリ!

保育園で教わったのか、「あ、ありいた!」と、ちょこちょこと動くアリさん達をじーっと見ていました。

 

娘と一緒にしゃがんでアリを見たり、地面の砂に棒で絵を書きながら、「そういえば、こうして地面で遊ぶなんて、子どもの頃以来だよなあ・・・」と、子ども時代の思い出が蘇ってきて懐かしい気分になりました。

子育てをしていると童心を思い出すことがしばしばあり、この辺が子育ての醍醐味の一つなのかなあと思うようになっています。

 

その後も公園内を縦横無尽に歩き回り、ブランコやすべり台などの遊具でも遊び、娘は満足げに公園を後にしました。

これからもちょくちょく連れて行こうと思います。

 

ただ一つの懸念材料は・・・。クツをはかないこと!

本人的にどうしてもクツをはくのがイヤらしく、はかせようとすると断固として拒否されます。

かといって裸足だと危険なので、お散歩は常に靴下で(靴下はOKらしい)元気に歩いております・・・。

 

まあ、無理にはかせてもいけないし、ネットで調べたら3歳くらいまでには自然に履くようになるみたいなので、気長に待ちたいと考えております。

代表高橋のイクボス(?)奮戦記

いつもお読みいただき誠に有難うございます。

代表の高橋です。

今はこうして社会保険労務士・行政書士の事務所を経営しておりますが、プライベートではもうすぐ1歳半になる娘の父親で、絶賛子育て中の身でもあります。

今回は自己紹介も兼ねてその話を・・。

 

最近、世の中ではイクメンやイクボスなど、男性も育児に積極的に参加することを推し進める動きが活発になってきています。

私も、もともと家事・育児を女性だけに一任するのは(特に共働きにおいては)平等ではないのでは?という疑問を持っており、プライベートではできるだけ家事と育児を分担して行うように心がけております(至らない部分は多々ありますが・・)。

 

育児については、ざっと下記が私の職域(平日版)となっております。

 

◯朝

  • 保育園の登園準備(検温、持っていく物の用意、連絡帳記入など)
  • おむつがえ
  • 娘の朝ごはんづくり(といっても味噌汁作りや魚を焼くくらいですが)
  • 娘に朝ごはんをあげる
  • お着替え
  • 保育園への送迎

 

◯夕方

  • 娘の夕ごはんづくり
  • 娘に夕ごはんをあげる
  • お風呂に入れる
  • 一緒に遊ぶ(最近は絵本やリトミックがお気に入り)
  • (妻の帰りが遅ければ)寝かしつけ

 

朝と夕方だけとはいえ、体力的にはやはり結構しんどいです。

しかし娘のかわいさによってチャラ!むしろプラス!

そんな感じで慌ただしく毎日を過ごしております。

このブログではそんな日常の子育てにおける東奔西走ぶりを少しでもお伝えできたらと考えております。

 

そんなわけで次回に続きます!

ページトップ